足柄観光 安全への取り組み

SAFETY

[ 安全への取り組み ]

安全確保を最優先

私達は、安全なくして事業の継続・繁栄はあり得ないものと認識しております。
足柄観光バスでは、車社会に生きる人々の安全が阻害されないように全社員が一丸となり
「運輸安全マネジメント」に基づいた安全対策に取り組んでいます。

安全への取り組み①

輸送の安全に対する基本的な方針

  • 輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを認識し、車内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。
  • 法令・規定を遵守し安全最優先で職務を遂行する。
  • 安全に関する声に耳を傾けるなど現業の状況を十分に踏まえつつ、全社員に対して輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
  • 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(PDCAサイクル)を活用して、輸送の安全性の向上に継続して努めています。
  • 輸送の安全に関する情報について積極的に公表します。
貸切バス 安全
貸切バス 安全

安全への取り組み②

安全に関する重点施策と教育方針

  • 安全運行に関する乗務員教育を定期的に実施し、安全に対する意識の向上を図ります。
  • 定期的に健康診断を受診し体調管理の把握に努めています。
  • ヒヤリハット提出による安全への意識を高めます。
  • 出庫時、帰庫時及び宿泊地への到着時、出発時に運行管理者による厳正な点呼とともにアルコールチェックを厳格に行います。
  • 安全に関する情報の共有、非常時における伝達が速やかに行われるための連絡体制を確立、実施します。

安全情報の公表

輸送の安全に関する公表

目標
事故項目 目標設定
1.重大事故
  (自動車事故報告規則に規定する事故)
ゼロ
2.対物事故 ゼロ
3.車両故障 ゼロ
4.健康起因による事故 ゼロ
実績
事故項目 実績
(平成30年度発生件数)
1.重大事故
  (自動車事故報告規則に規定する事故)
0件
・・目標達成
2.対物事故 0件
・・目標達成
3.車両故障 0件
・・目標達成
4.健康起因による事故 0件
・・目標達成

行政処分に関する公表

実績
【平成30年度】 行政処分はありませんでした。